社会課題アイデアソン

このページで紹介している「社会課題アイデアソン」は、18歳が考えた「選挙で争点にしてほしい社会問題をグラフ化」したものを掲載しています。各学校で最も面白かったものをYahoo!みんなの政治がデータビジュアライズ作品にしました。新しく選挙権を持つ18歳も、すでに投票権を持っている大人の皆さんも、いまの18歳の考えに触れて政治に関心を持ってみませんか?

社会課題アイデアソンとは?

  • 身近な課題を見つける

    身の回りで起こった気になること、課題だと思うことをブレストする。

  • データを探す

    見つけた課題を表すデータ、課題を引き起こす原因に関するデータを探す。

  • 手描きでグラフを作る

    探したデータを組み合わせて、手描きで新たなグラフを作る。

  • ビジュアライズする

    プロのエンジニアが動くデータビジュアライズ作品にプログラミングする。

works

各回のアイデアソンから1つだけ作品を選び、Yahoo!みんなの政治がデータビジュアライズ作品にしました。

event report

アイデアソンの様子をレポートにまとめました。

運営・企画協力

Givery 早稲田大学マニフェスト研究所 E2D3
visualizing.jp