政党の公約チェック

レーダーチャート
項目の採点方法について
グラフの各項目について、下記の点を総合的に採点しています。
(1) 理念・ビジョン
  • ありたい国の姿(理念・ビジョン・将来像)が示されているか
  • ありたい国の姿の根拠・着眼点が示されているか
  • 国家としての課題が捉えられているか
(2) 政策の独自性
  • ビジョン・方針・政策が体系化されているか
  • 相互に矛盾する内容が無定見に盛り込まれていないか
  • 独自の政策が示されているか
(3) 実現可能性
  • 政策の目標・期限・実現方法(工程)・財源など が明示されているか
  • 達成度・成果の事後検証は可能か
  • 目標・政策の実現可能性について、合理的な説明がされているか
  • 実行体制・実行プロセスは示されているか
(4) わかりやすさ
  • 読み手に取ってわかりやすい工夫はされているか
  • マニフェストの配布・周知の工夫はされているか
  • 策定過程において国民の提案を組み込むプロセスを有しているか

急な結党の経緯を踏まえると、マニフェストの公表が遅くなったことはやむを得ない面があり、むしろ公示前に間に合わせたことを評価すべきか。立憲主義の理念を掲げ、安倍政権に対する対立軸を明確に打ち出し、具体的な対策の方向性も示している。ただし、消費税増税凍結や原発ゼロといった「反対」の提示に対して、それらをやめたときのマイナス面への対策をどうするのか、について具体的な提示がされていない。「ともに支え合う社会」についても、負担と分配の形が具体的にどうなるのかについて、明示して信を問う必要があるのではないか。

監修:早稲田大学マニフェスト研究所

政党マニフェスト

まっとうな政治。
- 立憲民主党
政策優先順位1
暮らしを立て直す
政策優先順位2
原発ゼロ
政策優先順位3
ともに支えあう社会の実現
憲法改正
基本的人権の尊重、立憲主義、民主主義の原則を深化させるための議論を進める。
消費税
将来的な国民負担を議論することは必要だが、直ちに消費税10%に引き上げることはできない。
原発・エネルギー
原発ゼロを一日も早く実現するための「原発ゼロ基本法」を策定する。
アベノミクス・経済
アベノミクスは成果があがっていない。実質賃金の上昇によって中間層を再生する。
外交・安保
現下の安全保障環境を鑑み領域警備法の制定と憲法の枠内での周辺事態法の強化を目指す。
社会保障
診療報酬・介護報酬の引き上げ、医療・介護の自己負担の軽減。
子育て
貧困の連鎖を断ち切るための教育生活支援、児童相談所や児童養護施設、民間団体との協働を強化する。
教育
児童手当・高校等授業料無償化ともに所得制限の廃止、大学授業料の減免、奨学金拡充。
働き方
長時間労働の規制、最低賃金の引き上げ、同一価値労働同一賃金の実現。
女性活躍
性暴力被害者を守る支援センターの設立、選択的夫婦別姓の実現、国政選挙へのクオータ制の導入。
災害・復興
過去の災害から学び、減災の取り組みを進める。全国的な災害対策の拡充。
農林水産業
戸別所得補償制度の法制化・恒久化、資源管理による漁業の活性化、森林・漁業再生プランに基づく林業の発展。
中小企業
赤字中小企業・小規模零細事業者に対する社会保険料負担の減免。
環境
パリ協定に基づく地球温暖化対策の推進。
地方創生
地域の自治体と住民の自主的な取り組みを支援する一括交付金の復活。
政治・行政改革
議員定数削減、企業団体献金の禁止と個人献金の促進。

他の政党の公約をチェックする