政党の公約チェック

レーダーチャート
項目の採点方法について
グラフの各項目について、下記の点を総合的に採点しています。
(1) 理念・ビジョン
  • ありたい国の姿(理念・ビジョン・将来像)が示されているか
  • ありたい国の姿の根拠・着眼点が示されているか
  • 国家としての課題が捉えられているか
(2) 政策の独自性
  • ビジョン・方針・政策が体系化されているか
  • 相互に矛盾する内容が無定見に盛り込まれていないか
  • 独自の政策が示されているか
(3) 実現可能性
  • 政策の目標・期限・実現方法(工程)・財源など が明示されているか
  • 達成度・成果の事後検証は可能か
  • 目標・政策の実現可能性について、合理的な説明がされているか
  • 実行体制・実行プロセスは示されているか
(4) わかりやすさ
  • 読み手に取ってわかりやすい工夫はされているか
  • マニフェストの配布・周知の工夫はされているか
  • 策定過程において国民の提案を組み込むプロセスを有しているか

急な解散にも関わらず、第2部の「政策BANK」において安倍政権の取組をベースに基本的な政策体系をカバーしつつ、第1部の「重点政策」でポイントを絞ることで、一定の水準を備えたマニフェストとなっており、与党の強みが生かされているといえる。憲法改正を目指すスタンスや消費税増税についても明記しており、安倍路線を具体的に進めることに関する国民の信を問う内容になっている。「生産性革命」「人づくり革命」「保育・教育の無償化」など、かなりの財政出動を伴う政策が目白押しであるが、財源の裏付けは乏しく、財政再建の目標も後退している点は、与党のマニフェストとしては大きなマイナス点といえる。

監修:早稲田大学マニフェスト研究所

政党マニフェスト

動画提供:選挙ドットコム

この国を、守り抜く。
- 自由民主党
政策優先順位1
北朝鮮対応(国際社会による圧力強化を主導)
政策優先順位2
景気回復・デフレ脱却
政策優先順位3
生産性革命
憲法改正
自衛隊の明記、教育の無償化、緊急事態対応、参議院の合区解消など4項目を中心に改正を目指す。
消費税
消費税10%時の増税分について子育て世代への投資を集中し全世代型社会保障へと舵を切る。
原発・エネルギー
バランスのとれたエネルギーミックスの実現に向け、責任あるエネルギー政策を遂行する。
アベノミクス・経済
アベノミクスを加速させ、力強い消費を実現し、経済の好循環を完遂する。
外交・安保
日米同盟をより一層強固にすることで、我が国の抑止力を高める。
社会保障
「人づくり革命」を断行し、お年寄りも若者も安心して暮らし活躍できる全世代型社会保障を目指す。
子育て
「子育て安心プラン」を前倒しし2020年度までに32万人分の保育の受け皿整備を進める。
教育
2020年度までに3歳から5歳までのすべての子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する。
働き方
長時間労働を是正、賃金などの待遇を雇用形態ではなく職務内容によって評価される仕組みを導入する。
女性活躍
指導的地位に占める女性の割合を3割程度にすることを目指す。
災害・復興
防災、減災に戦略的に取り組む国土強靭化を推進し、災害に強い街づくりを進める。
農林水産業
若者や意欲のある農林漁業者が夢や希望を持てる「農政新時代」を切り開拓く。
中小企業
中小企業・小規模事業者の生産性向上に向けて、きめ細やかなあらゆる政策を総動員する。
環境
地球温暖化を食い止めるため、「パリ協定」の実施に貢献する。
地方創生
地域未来投資をはじめとする、地方が自主的に取り組む政策を応援し地方が主役の「地方創生」を実現する。
政治・行政改革
既存制度の改善や見直し、規制緩和など、大胆な行政改革を進め、合理的で活力ある行政を構築する。

他の政党の公約をチェックする