憲法

憲法を改正するべきだ

  • メリット

    日本国憲法ができてから70年が過ぎ、現実にあわない部分もみられるようになってきました。憲法9条はもちろんのこと、生活保護について定めた「生存権」や幼児教育の無償化にかかわる「教育を受ける権利」など、基本的人権に関するものも存在します。これまで、憲法と現実との齟齬は、解釈改憲や法律の運用によって乗り越えてきましたが、そのような小手先の対処ではなく、憲法を改正することで現実に対処していくという本質的な問題解決を図るべきです。

  • デメリット

    日本国憲法ができてから70年が過ぎましたが、この間、憲法を改正することなく、様々な問題に対処することができました。憲法改正を経験してきた他国からすれば、特異にみえるかもしれませんが、これは日本方式の立憲主義として誇るべきことです。もちろん、わが国には、社会が抱える問題がないわけではありませんが、これまでのように憲法を柔軟に運用することで対処すべきです。憲法を改正してしまうと、日本がこれまで守ってきた平和主義などの大切な理念が失われてしまうおそれがあります。

監修:早稲田大学マニフェスト研究所
企画協力:選挙ドットコム