【都議選】東京・生活者ネットワークの公約チェック

最終更新日:2017年6月30日

画像:アフロ

【都議選】東京・生活者ネットワークの公約チェック

7月2日に投開票される東京都議会選挙で、主要会派はどのような公約を掲げているのか。早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点しました。

生活者ネットワークの公約は50点満点で「20点」

 人権や多様性を重視し、情報公開と市民自治によるボトムアップの都政改革を目指す方向性は明確でわかりやすい。

 政策集も比較的よくまとまっているが、都民がよく目にすることになるであろう重点政策へのまとめ方が雑な印象がある。

 重点政策や政策集が掲載されているホームページも、会派のホームページから飛ぶことができず、全般的に都民に政策を届けることに対して配慮が足りない面が否めない。 受動喫煙防止対策については、現状と課題を整理した上で視点を明確にし、条例の骨子案まで具体的に提示している点は評価できる。

各分野の採点

①理念・ビジョン 10点満点中「6点」

 「一人ひとりを大切にする人権のまち」が掲げられているが、5つの重点政策+1には明記されておらず、政策集をたどらなければならない。豊洲市場については移転反対の姿勢を明記している。

②政策の体系性・一貫性・独自性 10点満点中「6点」

 政策集においては、理念・ビジョンをもとに10の柱に体系的に政策が整理されており、独自の視点・政策も見られるが、重点政策として打ち出されているものは散発的で抽象的な印象。

③政策の具体性・実現可能性 10点満点中「4点」

 重点政策については、目標・期限・工程・財源は示されておらず、実現可能性は判断しにくい。政策集については、政策の背景となり現状と課題がよくまとまっているが、政策についてはスローガン的な提示にとどまり、具体性・実現可能性を判断できる示し方にはなっていない。

④市民起点度 10点満点中「2点」

 特設のホームページがあり、そこに重点政策や政策集が掲載されているが、会派のホームページから飛べないのは致命的。また、重点政策のまとめ方・示し方が少し雑ではないか。

⑤議会機能力 10点満点中「2点」

 重点政策の第一に議会改革が掲げられているが、抽象的な内容にとどまっている。どのようにひらかれた都政にするのか、具体的な改革内容の提示が必要。

※早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点。条件を満たしているかどうかを10点満点で採点。評価は、東京都議会のウェブサイト「会派構成・会派略称一覧」に掲載された団体のうち、6月19日時点で会派等ウェブサイトに都議選向けの政策が掲載された会派を対象とした。

※リンク先が削除されている場合があります。

みんなの投票結果

2017/07/24付け