【都議選】民進党の公約チェック

最終更新日:2017年6月30日

画像:アフロ

【都議選】民進党の公約チェック

7月2日に投開票される東京都議会選挙で、主要会派はどのような公約を掲げているのか。早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点しました。

民進党の公約は50点満点で「25点」

 7つの重点政策に重点化され、それぞれ具体的な施策案が提示されており、わかりやすい。カジノにNO、など、都政の大きな方向性に係る意思表示も含まれている。

 ただし、子どもファーストなど、かなりの新たな財政出動を必要とする項目が多いが、財源の裏付けが明確でない。実現可能性の問題にとどまらず、信頼性に関わるのではないか。

 議会改革に対して積極的な姿勢を提示している。特に、議会の透明性を高めるような項目が多く掲げられており、議員定数・報酬の見直しや議員評価システムの導入など、自らの襟を正そうとする改革項目を挙げている点は評価できる。

各分野の採点

①理念・ビジョン 10点満点中「6点」

 重点型のマニフェストであり、都としてのビジョンは特に示されていないが、子どもファーストや密室型政治に終止符を打つなど、個別のスローガンを提示している。

②政策の体系性・一貫性・独自性 10点満点中「6点」

 7つの重点政策を基本に構成されており、体系的なマニフェストではないが、独自色は出ている。やりたいことはわかりやすい。

③政策の具体性・実現可能性 10点満点中「3点」

 7つの重点政策について、それぞれ施策・事業レベルで具体的な内容を書き込んでありわかりやすい。ただし、子どもファーストや家賃補助、ホームドア設置、災害対策など、かなりの新たな財源の出動を伴う政策が多いが、財源の裏付けが明確でない。

④市民起点度 10点満点中「4点」

 ビラを意識してか、A4裏表1枚にまとまっており、見やすい。ただし、配布・周知の工夫や策定プロセスにおける都民参加などの配慮は特段見られない。

⑤議会機能力 10点満点中「6点」

 重点政策の1つに掲げ、情報公開をキーワードとして一連の政策を提案している。また、議員定数・報酬の削減や議員評価システムなどの提案も行っている。

※早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点。条件を満たしているかどうかを10点満点で採点。評価は、東京都議会のウェブサイト「会派構成・会派略称一覧」に掲載された団体のうち、6月19日時点で会派等ウェブサイトに都議選向けの政策が掲載された会派を対象とした。

※リンク先が削除されている場合があります。

みんなの投票結果

2017/11/22付け