【都議選】公明党の公約チェック

最終更新日:2017年6月30日

画像:アフロ

【都議選】公明党の公約チェック

7月2日に投開票される東京都議会選挙で、主要会派はどのような公約を掲げているのか。早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点しました。

公明党の公約は50点満点で「22点」

 15分野53項目に重点化されており、施策・事業レベルで示されているものもあり、会派としてやりたいことが比較的わかりやすい。受動喫煙防止については、罰則規定を持った条例を制定するなど、思い切った提案もある。

 議会改革についての項目もあるが、周回遅れともいえる基本的な改革項目にとどまっており、「都民とともに東京改革を断行する」というスローガンとは距離がある。議会によるチェック体制を確立するといった文言もあるが、議会そのものの信頼性が問われている今、議会改革への踏み込みが十分とはいえない。

各分野の採点

①理念・ビジョン 10点満点中「5点」

 安全・安心、誰もが生き生き、新たな活力の3つの都市像が示されている。また、都民とともに東京改革とのスローガンもあるが、やや抽象的。豊洲市場については会派としての方向性は打ち出していない。

②政策の体系性・一貫性・独自性 10点満点中「7点」

 15分野53項目の重点政策が、3つの都市像に沿って小見出しごとに整理されている。重点化されていてわかりやすい。

③政策の具体性・実現可能性 10点満点中「5点」

 全体的に目標・期限・工程・財源は示されておらず、実現可能性を判断しにくい。ただし、施策・事業レベルで具体的に示されているものがあり、その点はやりたいことがわかりやすい。

④市民起点度 10点満点中「2点」

 配布・周知の工夫や策定プロセスにおける都民参加などの配慮は特段見られない。ホームページ上でも、公明新聞で公表された内容をテキストで掲載されているだけにとどまっている。

⑤議会機能力 10点満点中「3点」

 議会改革の項目が立てられ、5つの改革項目が示されているが、周回遅れの改革項目にとどまる。

※早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点。条件を満たしているかどうかを10点満点で採点。評価は、東京都議会のウェブサイト「会派構成・会派略称一覧」に掲載された団体のうち、6月19日時点で会派等ウェブサイトに都議選向けの政策が掲載された会派を対象とした。

※リンク先が削除されている場合があります。

みんなの投票結果

2017/11/22付け