【都議選】自民党の公約チェック

最終更新日:2017年6月30日

画像:アフロ

【都議選】自民党の公約チェック

7月2日に投開票される東京都議会選挙で、主要会派はどのような公約を掲げているのか。早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点しました。

自民党のマニフェストは50点満点で「19点」

 ビジョンを掲げ、体系的な政策を示している点は、多数派の会派のマニフェストとしてまとまっているといえる。パンフレットとしてもみやすく整理されている。

 ただし、全般的に目標・期限・工程・財源の提示がなく、総花的な印象をぬぐえない。オリンピック・パラリンピックの推進及び経済政策に関しては積極的な政策提案を行っているが、財源の見込みについてはあいまいである

 冒頭に安倍総裁の挨拶があり、国政に重ねて見せようとしている点、及び議会改革に関してまったく触れられていない点は、地方議会議員選挙のマニフェストとしては適切とはいえない。

各分野の採点

①理念・ビジョン 10点満点中「6点」

 「世界で一番の都市に」というスローガンのもと、安全・安心、活気・発展の2つのビジョンにまとめられている。総花的ではあるが、豊洲市場への移転についても方向性を明示している。

②政策の体系性・一貫性・独自性 10点満点中「6点」

 体系的ではあるが、ビジョン自体が総花的なこともあり、概ね現状の都政に沿う形で網羅的に政策が示されている印象が強い。経済政策以外には、重点・独自性は見出しにくい。

③政策の具体性・実現可能性 10点満点中「4点」

 全体的に目標・期限・工程・財源は示されておらず、実現可能性を判断しにくい。特に、オリンピック・パラリンピックについては整備の加速を掲げるだけで財源についての言及はない。また、経済政策については思い切った提示をしているが、2000億円プランを含めて、財源の裏付けはあいまい。

④市民起点度 10点満点中「3点」

 政策パンフレットは見やすくまとまっているが、配布・周知の工夫や策定プロセスにおける都民参加などの配慮は特段見られない。

⑤議会機能力 10点満点中「0点」

 議会改革については触れられていない。

※早稲田大学マニフェスト研究所が分析・採点。条件を満たしているかどうかを10点満点で採点。評価は、東京都議会のウェブサイト「会派構成・会派略称一覧」に掲載された団体のうち、6月19日時点で会派等ウェブサイトに都議選向けの政策が掲載された会派を対象とした。

※リンク先が削除されている場合があります。

みんなの投票結果

2017/07/24付け