米大統領選テレビ討論会ポイントまとめ 初の直接対決、全米が注目

最終更新日:2016年11月29日

画像:ロイター/アフロ

米大統領選テレビ討論会ポイントまとめ 初の直接対決、全米が注目

<キーポイント>

●米大統領選挙の両候補がテレビ討論会で初めて激突。大統領選終盤の重要イベント。

●「繁栄」「米国の進路」「安全保障」をテーマに計90分間論戦。

●討論会の勝者を聞いた米CNNの緊急世論調査では、ヒラリー氏62%トランプ氏27%との結果に。米WSJは「トランプ氏は攻撃の機会を逃した」。

初の直接対決、全米が注目

討論会の実況ツイートなど

討論会の映像

テレビ討論会は大統領選終盤の重要イベント

テレビ討論会について、有権者の半数が投票の参考にすると答えた。約39%が参考にしないと回答し、残りの11%は分からないと答えた。

米大統領候補テレビ討論会、半数が「投票の参考にする」=世論調査(ロイター 9月26日)

一部のコメンテーターらは、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦「スーパーボウル」の視聴者数に匹敵する約1億人の米国人が視聴すると予想している。

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か(ロイター 9月23日)

毎回テレビの前で数千万人が民主、共和両党候補者の一挙手一投足を注視してきた。候補の発言や態度が語り草になった例も多い。

発言や態度語り草に=TV討論、数千万人注視―米大統領選(時事通信 9月24日)

ロイター/アフロ

日本との関係に影響は

安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日午前)、米大統領選民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官とニューヨーク市内で約50分間、会談し、日米同盟の重要性を確認した。

安倍首相 クリントン氏と会談 日米同盟の重要性確認(毎日新聞 9月20日)

トランプ氏が在日米軍の撤退の可能性に言及したことについて、「撤退するとは考えていない」と明言し、駐留経費の負担の見直しを含めた日米間の新たな協定を作ることが目的と強調した。

米大統領選 「在日米軍撤退ない」…トランプ氏政策顧問(毎日新聞 9月25日)

両候補の支持率は拮抗している

両候補の政策とプロフィールを比べてみると

総得票数ではなく「選挙人」の数で大統領が決まる

報道各社の特集ページ

※リンク先が削除されている場合があります。

みんなの投票結果

2017/08/24付け