小池百合子氏が当選確実、初の女性都知事誕生へ 掲げた公約は

最終更新日:2016年7月31日

画像:アフロ

小池百合子氏が当選確実、初の女性都知事誕生へ 掲げた公約は

 31日投開票の東京都知事選は、小池百合子氏が当選確実となりました。小池氏が掲げた公約はどのようなものでしょうか。小池氏が発表した「東京大改革宣言」や、記者会見などから振り返ってみます。

都知事選は小池百合子氏が当選確実

小池百合子氏が掲げた主な公約

写真:アフロ

スローガン
「東京大改革宣言」
【 セーフシティ 】
・住宅の耐震化・不燃化の推進
・都道の電柱ゼロ化、技術開発支援
・多摩格差をゼロへ
【 ダイバーシティ 】
・待機児童ゼロを目標に保育所の規制を見直し
・ライフ・ワーク・バランスの実現を、都庁が先行実施
・満員電車をゼロへ
・給付型奨学金を拡充し、英語教育を徹底
【 スマートシティ 】
・エコハウス・スマートハウスの補助強化
・街灯や公共施設のLED化
・東京ブランドを確立し、観光・インバウンド客を増大

※「小池ゆりこオフィシャルサイト」より抜粋

行財政改革、政治とカネ、東京五輪の政策は

 選挙期間中に実施したYahoo!ニュースの「意識調査」では、有権者は「都の行財政改革」、「政治とカネの問題」、「東京五輪の予算削減策」に関心が高いことがわかりました。

 この3点について、小池氏が選挙中に話した内容をまとめてみました。

都の行財政改革

「行財政改革を進めることで子育て介護への財源を確保していく」 「削る改革を進める。知事報酬には半減」

政治とカネの問題

「もっと情報公開をし、透明化をし、そして都民の目の前にさらす」 「公私混同があるかないかが一番大事。私は飲食は政治資金から一切除外」 「政治資金規正法を国会議員に近い形にセットするのも必要ではないか」

東京五輪の予算削減策

「予算の運営が適正に行われているかどうか改めてチェック」 「『タバコフリー』を進めていかなければならない」

小池氏の経歴は

 小池氏は兵庫県芦屋市出身。1976年関西学院大学を経てカイロ大学文学部社会学科卒業。アメリカン大学カイロ校でアラビア語を修めた後、カイロ大学に進学しました。卒業後に通訳などを経て、「ワールド・ビジネスサテライト」でキャスターを務めたことで一躍有名となりました。

環境相、防衛相などを歴任

小泉政権下では環境相に任命され、その後第1次安倍内閣で防衛大臣を務めました。

第3次小泉改造内閣発足時の写真=2005年10月31日、ロイター/アフロ

2008年の自民党総裁選に出馬したことでも知られています。

2008年9月12日撮影、ロイター/アフロ

※リンク先が削除されている場合があります。